パデルラケットを買うとき、ラケットのコア ・ ゴム の硬さで悩むことは多いのではないでしょうか?そんな方のために、一体何が違うのか?少しでも自分に合うラケット選びの参考になるよう、書いてみたいと思います。

基本的にゴムの硬さはソフトゴムとミディアム/ハードゴムの2種類があります。

ソフトゴムと、ミディアム/ハードゴムとの1番の違いはボールのアウトプット。ボールのアウトプットとは、ボールを打った時の反発力(特に力を入れない状態で)のことです。

ソフトゴムは弾力性があり、反発力がとてもいいため、ボールが遠くまで楽に飛び、ボールのスピードアップの効果もあります。そのため体や腕全体を使わなくても様々なショットが打ちやすく、プレー中、とても使いやすいラケットだなと感じるラケットだと思います。ただしボールの反発がいいため、ミディアムゴムに比べた際、コントロールが少し難しく感じるかもしれません。また柔軟性があるゴムなので肘にくる負担は少なくなり、ラケット競技ではよく聞く肘のけが、テニス肘などに予防にもつながるでしょう。

一方でミディアム/ハードゴムは硬く、反発しにくいため、体や腕全体を使いラケット振らないと、ボールに早さが増さなかったり、ボールが思ったより飛ばないと感じることがあるでしょう。しかしボールがゴムに吸収されない分、力強いショットを打った際、パワーが失わずそのままの勢いでボールが返るため、パワープレーや、ボレーやネット前プレーなど、狙い通りのコースにボール運びができ、抜群のコントロール力を発揮するのが最大の魅力。

スターバイ ソフトゴム使用 ラケット(詳細はこちらから):
Metheora
Basalto
R 9.2 Carbon Aluminium Soft
Brava Soft
Polaris Soft
Aquila Soft
Titania Soft

ゴムの硬さがどうのようにパワーと関係するのか?

上記で述べたように、ミディアムゴムにはボールを吸収しない硬いゴムなので、クッションの役割を果たさない分、力強いボールを打てばそのまま力を失わずパワーのあるショットが打つことができる。このようにもしミディアムゴムのラケットとソフトゴムとで、同じ力、スピードでボールを打った場合、結果はミディアムゴムのラケットで打った方がパワフルなショットが打てるという結果になるでしょう。

実際に是非、打ち比べてみて、ソフトゴムとミディアムゴムの打球感の違い、楽しんで見てください!

スターバイ ミディアムゴム使用 ラケット (詳細はこちらから):
Polaris
Aquila
Titania

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です